パーツの切りだし法

組み立て説明書をざっと目を通した後、さぁ最初の作業は「パーツの切り出し」です。
慣れない内は、説明書の順番通りに切り出し→組み立てを行っていましたが、HGシリーズであれば
最初に全パーツを切り出してから、組み立てる様にして効率化しています。

切り出し方法は、いわゆる”2度きり”を基本にしています。

”2度きり”とは、長めにゲートを残してランナーからパーツを切り出してから、ニッパーの良き方向から刃先が入れられるようにしてから
残ったゲートを切断する方法です

2度きりをしないパターンもあります。それは ニッパーの刃が無理なく入るスペースがある場合、1度で切っています。

切り出しで注意するトコロは「パーツをえぐらない」ことだと思っています。
修正する手間は避けたいです