ガンダムマーカーで作るBD1号機~完成です~

さてと。時間がかかってしまっておりましたが

BD1号機完成しました。

IMG_0175_RIMG_0178_R

パチ組+ガンダムマーカー塗装という今回の作品です

ガンダムマーカーを使って部分塗装、そしてリアルタッチマーカーで汚しを入れて
使用感を演出してみました

接着剤も使わないを目指していましたが、一部ヤスリしすぎた庇の修正で使ってしまいましたが、他は使っていません。

このキットはパーツのモナカ合わせ部分が腕部分にあり、通常であればそこの合せ目を消すトコロですが、今回はそのままです。

合せ目比較

しかし、ヤスリをかけて面を合わせる事で合せ目は目立たなくなります。

さらに、マーカーで汚してやると 合せ目の存在を薄くする事ができます

パチ組だけでは、満足できなくなったら ガンダムマーカーで部分塗装と汚し演出いかがでしょうか?


ガンダムマーカーで作るBD1号機~ガンダムマーカー塗装~

さてさて、ホコリを被っていたガンダムマーカーを引っ張り出してきましたよ

IMG_0154_R

今回追加して、シルバー、ゴールド、メタレッドなど購入しました。

昔に買っておいたメッキシルバー(これがなかなかのモノ)を使いたかったのですが塗料を絵皿に出してみたら透明の液がどばばばばぁ~とw
こりゃダメになったか・・・・さすがに放置しすぎた。

さて、今回 ノー接着剤で仕上げる予定だったのですが、頭部の庇部分のエッヂ出しの際に削りすぎてしまい、庇が小さくなってしまったのでプラ板で修正した部分のみ接着剤を使ってしまいました。

IMG_0158_R

他は接着剤を使っていません。合わせ目(特にモナカ合わせ状)部分の仕上がりに注目です!!


ガンダムマーカーで作るBD1号機~ヤスリがけと洗浄~

合わせ目部分(特にモナカ合わせ部分)とエッヂを際立たせるようにヤスリをかけました。

このままでは、ヤスリをかけた部分とかけていない部分で光沢度合いが違ってしまうので、キット全体に#1000番でヤスリをかけてツヤを整えました。

あ、あと ヒケ部分(意図しない凹み)も積極的にヤスリをかけて消しました。

見栄え的に素の状態よりも、すこし曇った感じにしました
ヤスリがけのムラがあるので、部分的に白っぽくなっていますが気になったら後で再度ヤスリがけしたいと思います。

ここで一旦、下地完成にして 洗います

IMG_0153_R

ヤスリがけの作業のほとんど動画撮影をしなかったのが心残り・・・・。

つぎは、いよいよ今回のメインイベントのガンダムマーカーでの塗装です


ガンダムマーカーで作るBD1号機~仮組み(パチ組)して観察~

エッヂ出しなど軽く整形をしている段階です

ここで、一度仮組みをしてみることにしました。

仮組みして見えてくるトコロもあるでしょう!!

つーことで

IMG_0150_RIMG_0152_R

まだまだエッヂ出しが甘い部分が気になります。

やりすぎると取り返しがつかなくなるので、どこまで攻めるか判断が難しいです。

接着しての合わせ目消しも行わない予定なので、パーツの合い部分をどうやって「ごまかすか?」も重要なポイントになるでしょう。

机の上が削りカスの海です!!


ガンダムマーカーで作るBD1号機~整形~

ゲート痕の処理が終了し、整形に入りました。

今回のBD1号機でいう整形とは?

「気に入らない形を納得の形状にする事」

HGUCのBD1号機では

  • 顔が下ぶくれ
  • 一部のパーツのエッヂがダルっている
  • 胸部有線ミサイルが前後パーツでラインが合っていない

現在気がついた部分で上記の気になる部分があります(今後増えるかも)

前回書いた様に、成形色生かし仕上げなので 大々的な切った貼った工作はできないので必然的に削る(ヤスリがけ)で変更をしていく方向です。

今日はMSの命である顔(頭部)をメインに整形作業をしました

IMG_0148_R IMG_0145_R IMG_0147_R
こうして写真で見ると結構キズだらけになってしまっていますね
形状変更したポイントは”頬当て”部分です。アゴ方向にやたら伸びていたので短く。
前方向への突き出し量も多かったので削り、そしてこの頬当てが正面から見たら「ハ」の字に見え、これが下ぶくれ感の印象を付けていたので下方向を多めに削って絞込みました。

そして、エッヂがだるく見える脚部のパーツ
IMG_0149_R
左がゲート痕処理だけしたもの、面と面の綱ぎがゆるいR(曲面)になっています。右は面を削り込んでエッヂを出したもの(まだ少しRが残っていますが、十分なくらい)。

全体的にエッヂが甘い感じがするので、気になった部分を優先してエッヂを立ててやろうかしら?と思っています。


ガンダムマーカーで作るBD1号機~ゲート痕処理~

GBWC2014エントリー企画も終わったので、休止していた「ガンダムマーカーでつくるブルーディスティニー1号機」を再開しました。

この企画は塗装はガンダムマーカーのみを使って仕上げてみようというものです。

トップコートも使わないでどこまで納得できるものが作れるのか?

ガンダムマーカーは手軽に塗装が出来るというメリットがありますが
デメリットとしてムラがおきやすい(乾燥が速いから)という特徴があります。

したがって広い面積の塗装は行わないので、必然的に 成形色生かし にします。
さらに、接着剤を使った合わせ目消しも変色を避ける為に行いません。

基本的に『パチ組+ガンダムマーカーで部分塗装』で作ります。

塗装前の段階でどれだけ綺麗に仕上げているか?がポイントになるかと思っています。

現在ゲートの痕処理を行っていますが、連続1時間で集中力が切れますw
IMG_0143_R

軽くパーツを合わせながら作業しているのですが、ラインが合っていなかったりしてどうやって処理しようか悩んでいます。

胸部有線ミサイルのラインが前パーツで合っていないのが大きい問題かな?