PG ユニコーンガンダム制作記 その3

作業は銀塗装に入りました。

IMG_0215_R

しかし、これが・・・また多い。「また」というのはおかしいですね。黒サーフェイサーの上じに銀塗装しているので、前回の作業と同数塗っているのですから。

この後、本塗装の白を塗ると思うと心折れ男君になりそうです。

 

そんな時はぁ~ パチ組!!

IMG_0212_RIMG_0214_R

HGBF(HGビルドファイターズ)のパワードジムカーディガンです
パワードジムはブログのタイトル画像に使っていたり、Google系のサイトで自写真として使っていたりするくらい好きな機体です。

このキットはHGUCパワードジムに追加装備(武装)しているキットで、HGUCパワードジムキットの金型に追加スラスターや武装の新規パーツがプラスアルファしてあります。
なのでABS素材などもHGUCパワジムそのまんまです。稼動域もそのまんまです。
でも十分な稼動域なので不満はありません。ちなみにHGUCパワジムの武装は付いていません。

よい気分転換になりました!!


ガンダムマーカーで作るBD1号機~完成です~

さてと。時間がかかってしまっておりましたが

BD1号機完成しました。

IMG_0175_RIMG_0178_R

パチ組+ガンダムマーカー塗装という今回の作品です

ガンダムマーカーを使って部分塗装、そしてリアルタッチマーカーで汚しを入れて
使用感を演出してみました

接着剤も使わないを目指していましたが、一部ヤスリしすぎた庇の修正で使ってしまいましたが、他は使っていません。

このキットはパーツのモナカ合わせ部分が腕部分にあり、通常であればそこの合せ目を消すトコロですが、今回はそのままです。

合せ目比較

しかし、ヤスリをかけて面を合わせる事で合せ目は目立たなくなります。

さらに、マーカーで汚してやると 合せ目の存在を薄くする事ができます

パチ組だけでは、満足できなくなったら ガンダムマーカーで部分塗装と汚し演出いかがでしょうか?


ガンダムマーカーで作るBD1号機~ガンダムマーカー塗装~

さてさて、ホコリを被っていたガンダムマーカーを引っ張り出してきましたよ

IMG_0154_R

今回追加して、シルバー、ゴールド、メタレッドなど購入しました。

昔に買っておいたメッキシルバー(これがなかなかのモノ)を使いたかったのですが塗料を絵皿に出してみたら透明の液がどばばばばぁ~とw
こりゃダメになったか・・・・さすがに放置しすぎた。

さて、今回 ノー接着剤で仕上げる予定だったのですが、頭部の庇部分のエッヂ出しの際に削りすぎてしまい、庇が小さくなってしまったのでプラ板で修正した部分のみ接着剤を使ってしまいました。

IMG_0158_R

他は接着剤を使っていません。合わせ目(特にモナカ合わせ状)部分の仕上がりに注目です!!


ガンダムマーカーで作るBD1号機~ヤスリがけと洗浄~

合わせ目部分(特にモナカ合わせ部分)とエッヂを際立たせるようにヤスリをかけました。

このままでは、ヤスリをかけた部分とかけていない部分で光沢度合いが違ってしまうので、キット全体に#1000番でヤスリをかけてツヤを整えました。

あ、あと ヒケ部分(意図しない凹み)も積極的にヤスリをかけて消しました。

見栄え的に素の状態よりも、すこし曇った感じにしました
ヤスリがけのムラがあるので、部分的に白っぽくなっていますが気になったら後で再度ヤスリがけしたいと思います。

ここで一旦、下地完成にして 洗います

IMG_0153_R

ヤスリがけの作業のほとんど動画撮影をしなかったのが心残り・・・・。

つぎは、いよいよ今回のメインイベントのガンダムマーカーでの塗装です


ガンダムマーカーで作るBD1号機~仮組み(パチ組)して観察~

エッヂ出しなど軽く整形をしている段階です

ここで、一度仮組みをしてみることにしました。

仮組みして見えてくるトコロもあるでしょう!!

つーことで

IMG_0150_RIMG_0152_R

まだまだエッヂ出しが甘い部分が気になります。

やりすぎると取り返しがつかなくなるので、どこまで攻めるか判断が難しいです。

接着しての合わせ目消しも行わない予定なので、パーツの合い部分をどうやって「ごまかすか?」も重要なポイントになるでしょう。

机の上が削りカスの海です!!


ガンダムマーカーで作るBD1号機~整形~

ゲート痕の処理が終了し、整形に入りました。

今回のBD1号機でいう整形とは?

「気に入らない形を納得の形状にする事」

HGUCのBD1号機では

  • 顔が下ぶくれ
  • 一部のパーツのエッヂがダルっている
  • 胸部有線ミサイルが前後パーツでラインが合っていない

現在気がついた部分で上記の気になる部分があります(今後増えるかも)

前回書いた様に、成形色生かし仕上げなので 大々的な切った貼った工作はできないので必然的に削る(ヤスリがけ)で変更をしていく方向です。

今日はMSの命である顔(頭部)をメインに整形作業をしました

IMG_0148_R IMG_0145_R IMG_0147_R
こうして写真で見ると結構キズだらけになってしまっていますね
形状変更したポイントは”頬当て”部分です。アゴ方向にやたら伸びていたので短く。
前方向への突き出し量も多かったので削り、そしてこの頬当てが正面から見たら「ハ」の字に見え、これが下ぶくれ感の印象を付けていたので下方向を多めに削って絞込みました。

そして、エッヂがだるく見える脚部のパーツ
IMG_0149_R
左がゲート痕処理だけしたもの、面と面の綱ぎがゆるいR(曲面)になっています。右は面を削り込んでエッヂを出したもの(まだ少しRが残っていますが、十分なくらい)。

全体的にエッヂが甘い感じがするので、気になった部分を優先してエッヂを立ててやろうかしら?と思っています。


ガンダムマーカーで作るBD1号機~ゲート痕処理~

GBWC2014エントリー企画も終わったので、休止していた「ガンダムマーカーでつくるブルーディスティニー1号機」を再開しました。

この企画は塗装はガンダムマーカーのみを使って仕上げてみようというものです。

トップコートも使わないでどこまで納得できるものが作れるのか?

ガンダムマーカーは手軽に塗装が出来るというメリットがありますが
デメリットとしてムラがおきやすい(乾燥が速いから)という特徴があります。

したがって広い面積の塗装は行わないので、必然的に 成形色生かし にします。
さらに、接着剤を使った合わせ目消しも変色を避ける為に行いません。

基本的に『パチ組+ガンダムマーカーで部分塗装』で作ります。

塗装前の段階でどれだけ綺麗に仕上げているか?がポイントになるかと思っています。

現在ゲートの痕処理を行っていますが、連続1時間で集中力が切れますw
IMG_0143_R

軽くパーツを合わせながら作業しているのですが、ラインが合っていなかったりしてどうやって処理しようか悩んでいます。

胸部有線ミサイルのラインが前パーツで合っていないのが大きい問題かな?


GBWC2014へのミチ その9(最終回)

とりあえず締め切り間に合いました

9月1日が締め切りだったのですが、ラスト2日か3日だっけかな?
一気に追い込みをかけて間に合わせました。

締め切り優先で製作となり細かい部分はアラが・・・・。
IMG_0306_RIMG_0290_R

作品の詳細は別ページに掲載していますので、ご興味がありましたらコチラのページへ


exGM COMMAND

GBWC2014エントリー作品『exGM COMMAND』(エクジム コマンド)

特徴:
RGシステムに対抗するため、e.x.a.mとプラフスキードライブユニットを搭載

さらにプラフスキードライブをライブモードにすることでオーバードライブ状態にする事が可能。
しかし、オーバードライブは機体に過度な負担をかけるために長時間の使用ができない。
オーバードライブさせた瞬間にプラフスキードライブユニットから光の翼が開く

装甲には頑丈なウレタンクリアーでコートしてあるため強固な装甲。

※プラフスキードライブとは
フィールド内にあるプラフスキー粒子を吸収して、蓄えた粒子を放出することで機体の速度と敏捷性を上げる事が可能になるユニット。
吸収して蓄える時間が必要な為、ゲーム序盤では使用できない為に序盤はのらりくらりと立ち回る事になりがちである。

という設定です。

プラフスキードライブユニットは脳内設定で、公式設定ではなく勝手につくりました。

さらに今作品は、ウレタンクリアーの肉厚を嫌ったため間接部分はラッカー系のクリアーで仕上げました。そのため塗装が剥がれやすく、そこが弱点かな?

プラフスキードライブ稼動状態の時にRGシステムのようにフレームが青く光る様にしたかったので、間接のトップコートには蛍光クリアーを塗って、その上にクリアーをコートしました。
これで、通常照明ではグレーの間接がグラックライト照射すると青く光らせる事ができます。

EXAM状態用に、カメラ・バイザーを赤く塗った頭部も製作しました

オーバードライブ状態にした瞬間の開く『翼』をLBXエフェクトを使用しました。

ベースとしたキットはHGUCジムスナイパーIIです。
HGUCジムコマンドより、稼動域や精密が高いのでコチラを選択しました。

製作工程:
IMG_0074_RIMG_0082_R

スナIIとジムコマとのシルエット的に大きく違う部分の1つに胸部があります。ソードで切り取ってプラ板で蓋をしました。ガンダムでお馴染みの「ダクト」にしなかったのは通常のジムコマとの差別化です。

 

IMG_0106_RIMG_0107_R
もう1つ、形状が大きく違うのは脚部です、スナIIの方が強化されていて「高機動」アピール度が高いので、それを利用する事にしました。ふくらはぎバーニアboxをスナIIとの差別化としてプラ板をつかって形状変更
さらに高機動にさせるためにNT-1からサイドバーニアを移植し、機体にポン付けした風にしました。
このあたりは「ペイルライダー」(PS3ゲーム”サイドストーリーズ”)の影響がでています。

 

IMG_0116_R
バックパックはジェガンから。
バックパックの両サイドには妄想ユニット「プラフスキードライブユニット」を取り付けました。
みて解るように、ほとんどスナIIのキットのままになりました。
ジムコマ形状に寄せるとスッキリしすぎてしまい、むちゃむちゃ高機動のMSという設定と違和感が出てきてしまうと感じたからです。

 

他にビルダーズパーツ システムウエポン3から大型クローシールドをチョイス
出力は機体制御に回すために武装は実弾系の90mmマシンガンのみとしました。
(大型ランチャー系を持たせる案もあったのですが、格闘が得意な機体というイメージから不採用)
トップコートはこちらもウレタンクリアーにして表面強化しています。

 

写真はいつものように(?)弱暗めで若干逆光で撮影しています

総評:
今回は締め切りがある作品だったので、時間優先の作業になった為に、細かい部分で破綻していたり甘い部分がいつもより多くでてしましました。
光沢仕上げにした理由もよく覚えていないくらいですw
数え上げたらキリがないくらいに。

やりたかったのは劇中のスタービルドストライクのように、青く光るフレームを再現したかった事と、力強い翼が広がる事。それをできるだけパーツの差し替えなしで行う事でした。
EXAM状態の頭部と翼はさすがに差し替えになりましたが、フレームの発光は狙い通りになって納得しています。

全体配色はWEBからのGBWCエントリーなので、写真映えするようにコントラスト強めにしました。
見事に子供チック・・・・・・・、小学生が作ったような機体になりましたw

冒頭にも書いたのですが、間接部の塗装はラッカー系なので、稼動接触する部分は剥げてしまいます。
間接にウレタンコートするのも、どれだけクリアランス取ればよいのか不安でちょい勇気がいるんですよねぇ。

締め切りまで残り2日で怒涛の作業で間に合わせる事ができた、出来るという事実が大きな収穫でした。

でもね、でもね 全力で楽しかったよ!!


GBWC2014へのミチ その8

塗装工程に入ってハヤ幾日……

IMG_0140_R

まだこの状態。
赤で塗装する為のピンク色の下地を塗っています。
この時に発見したキズとか消したりしてます

ピンクの上には、ガンプラの赤といったらシャインレッド!!
と自分の定番になっている色を塗ります。
ピンクを下地にすると赤色が映えるらしいのでやってみました。

完成までまだまだですが、あきらめません!!

今週末は徹夜で作業かな?