deepoon e2でSteamVR グレー画面問題

超不定期更新しております

PIMAX 4Kか逝かれて、すぐに格安VRのDeepoon e2を購入していたのですが

SteamVRを起動させるとグレー画面になってしまうのでGFEから起動できるゲームしかプレイしていませんでした。

が、この度問題が解決したのでメモがてら書いておきます

SteamVRのチュートリアル起動させるとHMD側のみグレー表示
(PCで表示されるミラー画面にはちゃんと映っている状態)なのですが
Oculusのプログラムが邪魔していたのですね。

OVRServer_x64.exe
OVRServiceLancher.exe

この2つがタスクで動いているのが問題だったみたいです
なのでタスク終了させればよいのですが・・・・

なんど終了させても再起動してきます
どうやらOculus homeをインストするとOculus VR Runtime Serviceサービスがwindowsを起動すると自動で起動するようになっている

これを手動にしてやればタスク終了できる

無事 SteamVR起動してゲームもできました

ちなみにDeepoon側はDeepoonモードにしてSteamVRはダイレクトモードでOK

なんか安心しました

 

PCゲームのプチプチなノイズ対処方法

この冬に数本のPCゲームを購入しました。

その中で、PCでいくつか問題が起きました。

で、その対処方法を覚書として書き留めておこうと思います

問題が起きたゲームは

MotoGP15 と レインボーシックス・シージ(以下R6S)

問題内容は、
MotoGP15においてはエンジン音のみが消える時がある。

R6Sではプチプチしたノイズが入る。

最初から問題があった訳ではない(はず)

ゲーム購入からサウンドカードを導入したので、ほぼそれが引き起こす問題だというのは目星がついていました。

いろいろやった結果

windowsの「再生デバイス」設定内のスピーカーのプロパティ内の詳細にある 『排他モード』このチェックが外れていたので もしや?と思い

・アプリケーションによりこのデバイスを排他的に制御できるようにする

・排他モードのアプリケーションを優先する

この2つにチェックをいれたら消えました。

しかし、長時間の検証はしていないので 完全解決しているかどうかは不明。

自作VR HMDのヘッドトラッキング ~その4~ 完結編

トラッキングに関しては今回の投稿で完結です。

たぶん・・・・

 

前回”その3”ではLEDとFreetrackを使いました。
一番お安くトラッキングを実現可能な方法でしたが、状況によって不満な点もありました。

という事で、

さらに快適なトラッキングを求めてジャイロスコープ(加速度センサー付き)ボードを使います。
そもそもスマホにジャイロスコープが搭載されていればこんな後付法はとらなくてよかったのですが。

ジャイロスコープはアマゾンで400円くらい?のmpu-6050を購入。
この信号をPCに送るボードは Pro micro 5v 16MHzのarduinoっていうマイクロコンピューターの部品?(まったく知らなかったです・・・・)を使いました。

この構成はEDTrackerというトラッキングセンサーを参考に(というかほぼそのまんま仕様)
ついでに、ドライバーやソフトウェアもEDTrackerのものを使わせていただきました。

IMG_0271_R
まずは動作テスト。arduinoソフトウェアを使ってスケッチといわれるプログラムを書き込んでMPU-6050の動作を確認。

ちなみに配線について、EDTrackerと一部違います
EDtrackerはスイッチ付きなのですが、製作したものはスイッチを付けていませんので。

arduino pro micro >>> mpu-6050

VCC >>> VCC
pin2 >>> SDA
pin3 >>> SCL
pin7 >>> INT
gnd >>>AD0

この配線で動作しました。pro micro側のGNDは3つあるのですが、どのGNDと配線してもOKだと思う・・・たぶん。

動作確認ができたところで基盤を使って配線ハンダ付けしていきます。

IMG_0273_R
基盤の裏側に配線をしたので、表側はすっきりしました。
ケースはヘッドホンについてきたケースを使いました。もうちょっと小さいケースでも良かったかも。

IMG_0275_R
ソフトウェアはEDTracker UI 4.0.4.0とOpenTrackを使用。
EDTracker UIはプログラムの書き込みもできるし調整もできる。
EDTrackerプログラムを書き込むとPCは装置をジョイステジックとして認識します。

opentrackはトラッキング機器としてゲームに認識させる為のソフト。(EDTracker UIだけではゲーム側はジョイスティックとしか認識しない)

EDTrackerは正面から左右90度までがデフォルト仕様みたいです。つまり真後ろを見ようとして振り返っても真横までで止まり、それ以上向きません。

回避する方法はなにかあると思いますが、私がHMDを使うゲームは椅子に座ってやるものしか今のところないので充分。
OpenTrackで調整すれば、真横を向いたときに真後が見えるように出来るので大した問題じゃない。
そもそも、ゲーム中に真後ろを振り向くって大変な運動量ですから

IMG_0276_R
ハコスコDXに完成したトラッキングセンサーBOXを固定して完成!!

 

使用感は「良い」です。

問題はYawドリフトっていうのかな?時間経過とかもろもろの事情で”センターずれ”が起きてしまうこと。
EDTracker UIにはこれを抑える機能があるのある程度緩和できますが、ズレが無くなるという事はなさそう。
徹底的に調整すればズレも極小で済むかも?という感じです。

 

さっそく、使ってみました。

PC→スマホの映像ストリーミングはVR stream を使用しました。
VR streamはtrinus VRとほぼ同等の機能を持っています。
USBデザリング接続があっさり出来たので、今後はコチラを使うことが多くなるかも知れません。

 

自作HMDに慣れるまで対戦で使うのは止めたほうが良いかもと思っています。

ジョイスティック操作に慣れていない上に視界が限定される自作HMDという足枷を背負ってしまうので。

自作VR HMDのヘッドトラッキング ~その2~

スマホ(zenfone5)のセンサーを利用する

4月末にzenfone5が到着しました。

さっそく、度々登場しているtrinus vrを使ってHMDになるかテストしてみました。

映像に関しては既に7インチタブレットで検証済みなので、テストの焦点はzenfone5に搭載されているセンサーでヘッドトラッキング機能が成立するのか?という点です。

TrinusVRはジャイロスコープと加速度センサーでトラッキングができると書かれていましたが、Zenfone5にはジャイロスコープが搭載されていません!!その代わり?なんだかいろいろなセンサーが搭載されています。(ジャイロスコープが搭載されているとあるニュース記事に書いてあったのに・・・・)

当然TrinusVRはセンサーを認識しないでトラッキングは出来ないはずだったのですが・・・認識しています。

「あれ?もしや」と思い動かしてみました。

動画を見てもらえば解りますが「動きましたが、満足レベルは低い」です。

微弱のガクガク微振動が起きてしまいます。ある程度抑える事はできても完全に無くす事はできません。おそらくジャイロスコープの代わり?になんらかのセンサーの信号を拾っているのだと推測しています。

一応トラッキングらしき動作はしているので、それっぽく大雑把なVRHMD的な楽しみ方は出来ますが、没入感という視点では×でした。

慣れてくるとそれなりに楽しめるのですが、さすがに目が疲れますw

ただし、レスポンスは良いです。良いからこそ残念感が・・・

ジャイロスコープ搭載されているスマホで試したい!!

 

という事で、自作HMDとして ヘッドトラッキング機能はスマホ以外の方法を探してみる事にします。

自作HMD2号機

1号機からの改善点として。

頭部装着するのだから、重量と重心を見直そう

という事になりました。

レンズの倍率を3.5⇒7にしたら?
レンズからタブレットまでの距離が3~4cmに縮みました。(1号機の約半分です)
超接近ですw

すごくコンパクトなものになりそうです

IMG_0244_R

さっそくスケッチ。

そしてダンボールを切り出し

IMG_0237_RIMG_0238_R

 

これだけになりましたw

IMG_0240_RIMG_0246_R

組み立てるとこんな感じ。重量も400g以下に。

倍率7倍で画面に超接近しているので画面全体は当然見えませんw

さっそく3D動画(ゲームの録画動画)を見てみると・・・・・気持ち悪くなりそうな3D具合w
目の前にドドーンと広がる電子の作り出す空間を液晶のドットw

1号機よりウワーっというくらい臨場感がUPしていますが、疲れもUPしたような感じです。

ヘッドストラップに関して、1つの解決プランができました。
GOPRO(小型カメラ)用のヘッドストラップを使ってみようと思い発注しました。(1000円以下のやつ)

いまだトラッキングシステムも着ていないので、検証と製作は一段落です

 

 

自作HMD1号機

そもそも自作HMD作っても遊べるゲームがあるのか?
いや。oculusに対応しているゲームで自作のHMDが使えるのか?

どうなるのか解らないが、とりあえず作ってみたいので出来るだけお金を掛けないで作ることにしました。

外は工作が簡単で融通の利くダンボールで。
凸レンズは100円ショップのルーペで
トラッキングシステムはアマゾンで基盤を発注(1000円くらい 安い!)

問題は・・・・

外部ディスプレイは 手持ちの7インチタブレットでなんとかならないか?
つまりPCの外部ディスプレイ化できないか?

この調査、実験検証で7,8時間くらい使った。
結果、できるけどレスポンスが悪くてHMD用途には向かない

しかし、現状は自作HMDのテストのテスト機みたいな物なのでタブレットを使う事にしました。
ゆくゆくは液晶パネルにしてPCディスプレイに交換すればいいと。

IMG_0226_R

さっそく凸レンズとなるものを100円ショップでいろいろ買ってきました。
倍率3.5の直径3cmレンズは液晶面との距離は約6cmでピントが合う
倍率3.5の直径6cmレンズは液晶面との距離は約10cmでピントが合う

筐体は大きくしたくないので、径3cmのレンズを採用

トラッキングシステムはまだ配達されないので、トラッキングシステムは除きで製作することにしました。
IMG_0230_R
スケッチブックにざざっと書いて、それを元にダンボールを切り出し。
IMG_0231_R
組み立てたり、レンズとタブレットの距離を調整したりを繰り返し。
中間に6cmの3.5倍レンズを嵌めてみたり(結果いらなかった)

IMG_0232_R

1号機ができたが、ヘッドストラップがなんとも・・・・・いいのないかな?と探して

IMG_0236_R

ハコスコDX(スマホHMD用筐体3000円です)を購入してこっからいただこうかと思ったのですが・・・
ハコスコDXがなんともいい出来でかわいそう&1号機の重量がありすぎでこのヘッドストラップではもたなそうだったので断念。

まぁ、1号機の頭部装着は止めるということで落ち着きました。

 

実装:3d動画を見ました 立体です3dです。1号機はそれだけ確認できただけで納得しました。

しかし、3D動画ってこんな装置使わなくても平行法で見れるよねw
と気がついたが現実を直視すると挫けそうだったので知らない振りをする。

 

ヘッドストラップをなんとかする計画を発動して2号機製作へ

VRHMDなのですっ!!

夜な夜な遊んでいたSDGO(SDガンダムオンライン)が2015年の6月でサービス終了との事で、知人と遊べる次なるゲームを探していた所、oculus riftとか対応しそうなゲームが将来性あるよな?と感じ、いろいろと見て回っていたところ。VRHMD(ヴァーチャルリアリティ・ヘッドマウントディスプレイ)を自作!!という記事を拝見しまして

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20140610_652495.html

「えっ、作れるのか?」という軽い衝撃を受けました。

さらにプラス2000円でヘッドトラッキング機能まで搭載できるとな!!

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20140617_653695.html

さらに衝撃!!

調べてみるとスマホで簡単にHMDは作れる事がわかりました。

俺の目的はあくまでもPCゲーム用として欲しいのでスマホのHMDは欲しいものではない

oculus riftが発売されていれば、それを購入で済むのですが、まだ発売されていません
開発バージョンは販売されていますが、製品版がでると解っているのが発売日は発表されておらず。
そんなこんなで購入に関しては1年ほどまえから躊躇しています。

こそにこんな記事を発見してしまったから、さぁ大変。

oculus製品版が発売されるまでは自作HMDで遊じゃえ!そう思っちゃったのでした・・・

 

その直後からプラモそっちのけで自作VRHMD製作にハマった。
(ちなみにプラモはPGユニコ作っています、あとは武器部分塗装とデカールとトップコートで終了)

徹夜までして調べ物したり、製作作業したり、あっというまに12時間経っていたり・・・。
すごっ~く久しぶりです。こんな感じ

それから今日までの作業やら自分なりの考えなど、つらつらと書いていきたいと思います。

VRHMDとは?
まぁ、難しい説明は解らないので出来ません!
これがあるとゲームが楽しくなる!という確信があるだけですw

材料をそろえるぜ!
液晶パネル
凸レンズ(ルーペ、虫眼鏡などの拡大レンズ)
トラッキングできる基盤など
ガワ
頭部装着用ヘッドストラップ
主要はものはこれくらいで足りるかな?

こんな感じで作っていきます

『もの作り』が好きな人は、楽しめると思います。